誰がための日々
物語

全てを無くしてしまったトン(ショーン・ユー)の心のように、無機質さが際立つ真っ白い病室。長く顔を合わせる事のなかった父ホイ(エリック・ツァン)が、先生から病状について話を聞いている。「家族の支えが一番大切です」そう話す医者の言葉に、ホイは戸惑っていた。

photoトンはかつてエリートで、婚約者のジェニー(シャーメイン・フォン)と家を買って結婚を約束し、明るい未来が待っているはずだった。ある時、母(エレイン・ジン)がひどい火傷で不自由な身体になり、その介護のために仕事を辞める。ホイはトラックの運転手で香港と大陸を往復するだけで家に寄り付かない。弟のチュンはアメリカに行って仕事と家庭を持ち、帰ってこない。傍に残っているのはトンだけだった。施設に母を入れたくないトンの気持ちをよそに、母は弟の事ばかりを気に掛け、トンに辛く当たった。身体が思うようにならず、人の手を借りないと自分は無用になったと言う母。極限にいるストレスが、トンを少しずつ蝕んでいた。いつものように母の下の世話をしていた時、言い争いをした結果事故が起こり、母が亡くなってしまう。裁判で無実は立証されるが、躁鬱病の診断を受けたトンは、強制入院をさせられてしまう。

photo1年が過ぎ、薬で病状が安定し、病院のベット数の都合もあり、退院を進められる。

久しぶりに会う父子は、どこかぎこちない。行くところがないトンを、ホイは自分の部屋に連れていく。フロアを板で仕切っただけの、2歩で全てが手に取れる狭い部屋で、父と子は共同生活を始めた。

隣の部屋は、大陸から来た女性と香港生まれのその息子だった。母親は香港の居住証を持たず、息子は大陸の戸籍がなかった。屋上で息子と偶然会い話すにつれ、トンは少しずつ彼と打ち解けていく。

元同僚ルイスの結婚式の日。出席者はトンの姿を発見すると、華やかなお式の陰でトンの病気は治ったのかと密かに噂した。トンは新郎のスピーチ時に壇上に上がり、マイクを取るとその場の来客に、今日は結婚パーティーの席なのだから、お金の事ばかりではなく彼らを尊重しろと言う。そして婚約者のジェニーを誰か知らないかと投げかける。お祝い雰囲気が一気に変わってしまった。

photoジェニーから連絡があり、久しぶりに会うことになった。出がけにテレビが自殺のニュースを報じる。中環(セントラル)の銀行に勤める男性が、人員整理で仕事が増え、飛び降りたというのだ。その画面に出た写真に、トンの目が曇った。

トンはお店で、彼女の好みの料理をテーブル一杯に準備し待っていた。ジェニーは、トンが隠していた借金をほぼ払い終わり、一緒に買ったマンションを抵当に入れたくないため、必死で働いてきた。目の前に並んだ料理を見てそうつぶやく彼女。しかし最近は調子がいいという。

トンはジェニーにある教会に連れていかれる。そこではジェニーが壇上に立ち、皆の前でトンを紹介し、過去に2人に起こったことを話し始めた。ひどい事をされた怒りと恨みを忘れ、トンを許すという。その彼女の姿を見ていて、数日薬を飲まなかったトンは、病気が悪化。気持ちを落ち着かせるために、スーパーで無造作に売り物のチョコレートを掴み、口に入れていく様がインターネット上に映像で流れてしまう。アメリカにいるチュンにも、マンションの住人にもトンの病気が再発したことが、分かってしまうのだった。

2019年2月2日(土)新宿K's cinema 他順次公開
配給:スノーフレイク ©Mad World Limited